前へ
次へ

学習塾のあり方を知ろう

英語民間試験の話題が教育現場で注目されています。
今後予定されていた試験結果を大学入試の判定に活かすはずが、現役の高校生にとっては大問題です。
大学入試の選抜、出願資格の変更をする大学も出てくるでしょう。
学習塾でも、21年度入試詳細をキャッチしなければならず、情報収集に努めているようです。
ただし、外部検定に関してのみの変更なのがポイントになるようで、大学入試の共通テストは実施される見通しはそのままです。
それならば、英語の重要性は変わらないのではないでしょうか。
英語の語彙・文法の基礎固めは、やること多すぎて手が回らない生徒にとって、省きたい内容かもしれません。
ただし、予め分かっているのなら時間をかけずに済むので、副教科に時間をあてることができます。
高校生でなくとも、英・数・国の土台(基礎)をしっかり固めるための学習計画をしっかり組み立てましょう。
遊ぶ約束をするように、塾で会う約束をする、自由時間に子供らしい遊びを楽しむ、継続的に塾に通えるのは1人でなく、こうした遊びと教育をともにできる仲間がいることです。
ですから、友達と入塾するのも歓迎されています。
テスト期間に入ってからテスト勉強をしても山勘でしか答えられない問題も、塾に早くから通えば、準備万端で挑むことができます。
学習塾でも、保護者に対して口を酸っぱくして指導するのは、新しい学年になってからではなく、なる前に前年度の総復習をし、早めに新学年の勉強(内容)を知るという事前準備をしてあげることであり、サポートを持ち上げています。
もちろん、学習習慣を身につけさせたい、そうした内容で入塾するのも有りです。
今の学習塾は、どんな生徒も受け入れています。
授業内、面談において生徒に決意表明を記載させるケースもあるようです。
自分と向き合うことができる上、中間テストよりも期末テストで点数を取れた時の頑張り、これが今後の糧になります。
それを生徒と保護者と一緒に分かちあえる、そうした教育機関が学習塾なのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top